AGA治療は薬漬けになる?一生飲み続けるのか…

AGA治療は薬漬けになる?一生飲み続けるのか…

MENU
RSS

AGAの発症年齢を左右する薄毛の遺伝子とは?

抜け毛を嘆く男性

AGAの主な原因と言われているのは、男性ホルモンです。この男性ホルモンは、思春期以降に増加する事がわかっています。その為、思春期以降の男性ならば、誰でも発症すると言えるでしょう。ちなみにこれまで、AGAは30代の男性が最も発症しやすい年齢と言われてきました。しかし最近では、発症年齢の平均が20歳から35歳とされており、低年齢化が進んでいるとも言えます。実際に早い場合は、10代で発症する男性もいます。こうした10代のAGAは、若年性脱毛症といった名前でも呼ばれています。

 

発症年齢が低くなってしまう理由としては、薄毛遺伝子が挙げられます。AGAは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが、アンドロゲンレセプターと結合し、AR遺伝子に薄毛を促進させる命令を出す事で起こると言われています。これは、X染色体の中に存在するCAGリピートの数を数える事で、結合しやすいかどうかがチェックできます。CAGリピートとは、ある部位における遺伝子の配列の事で、短いとアンドロゲンレセプターと結合しやすいとされています。

 

また、GGCリピートと呼ばれる遺伝子の配列も、短いとアンドロゲンレセプターと結合しやすいと言われています。その為、CAGリピートとGGCリピートを足す事で、発症年齢が決まるのです。CAGリピートとGGCリピートを足した基準値は、合計38と言われています。つまり、合計値が基準値を下回る場合、発症年齢が低くなってしまうのです。こうした遺伝子検査は、専門クリニックで行う事が出来ます。その為、AGAかな?と思ったら1度、専門クリニックで遺伝子検査を受けてみてはどうでしょうか。

AGAの専門クリニックでの初診で行われる内容は?

AGA治療中の男性

専門クリニックでAGAの治療を行う場合、初診の内容はどのようなものになっているのでしようか。初診の内容は、それぞれの専門クリニックによっても多少の差があります。しかし、大きく4つの内容に分ける事ができるでしょう。それは、カウンセリング、写真撮影、診察、血液検査の4つです。カウンセリングでは、専門のカウンセラーからAGAについて詳しく知る事ができます。また、自分自身が現在抱えている悩みを相談する事も出来ます。AGAの悩みは、いくら仲の良い友人であってもなかなか行いにくいものです。

 

そこで、カウンセリングを上手に活用して、悩みの解消に努めましょう。写真撮影では、今後の経過を視覚的に判断する為に、頭部の写真撮影を行います。これによって、薬の効果が出ているかどうかが、わかりやすくなります。診察では、頭皮や毛髪の触診及び視診が行われます。また、この時に身体全体の健康状態も確認する事になるでしょう。血液検査では、これから使用するであろう治療薬が、身体にどのような影響を与えるかを調べます。薬によって重篤な副作用が出てしまってからでは手遅れになるので、事前に血液検査でチェックする事になります。

 

以上の4つが、専門クリニックでの主な初診の内容と言えるでしょう。ちなみに、血液検査の結果を知るには、およそ1週間程度の時間がかかる事になります。その為、初診の後にすぐ薬が処方され、AGAの治療がスタートするという事はなく、結果が出揃ってからが本当の治療のスタートになるという風に考えておくべきでしょう。

AGAの治療に用いられている薬の気になる副作用とは

AGA治療の副作用が気になる男性

AGAの治療には薬が用いられる事が一般的である為、知っておきたいのが副作用ではないでしょうか。そこで今回は、AGAの治療で用いられる事が多い2種類の薬の副作用をご紹介します。まずは、プロペシアです。プロペシアの副作用としては、勃起不全、精子の減少、精力の減退、乳房の膨らみ、胃部の不快感などが挙げられます。性機能に対して影響を与えるのは、元々前立腺肥大症の薬として作られた名残と言えるでしょう。また、人によっては頭痛、腹痛、眠気、初期脱毛を感じる事もあるようです。

 

続いては、ミノキシジルです。ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかゆみ、炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎、倦怠感、眠気、頭痛、体重の増加、むくみなどが挙げられます。中でも特に多いのが、頭皮のかゆみと報告されています。さらに、人によっては呼吸が荒くなる、心臓がチクチクと痛む、イライラしやすくなるといった症状も報告されています。ただし、どちらの副作用もほんの数%と、発症する確率はごく僅かです。その為、どちらも安心・安全なAGAの治療薬と呼ぶ事が出来るでしょう。上記に挙げたような症状が起こったらどうしようと不安に感じ、わざわざ避ける必要はないという事です。

 

それに、これらの症状は、他のどのような薬を服用した時でも、起こりえる可能性があるものだからです。だからといって、絶対に症状が出ないとも言い切る事はできません。そこで、何らかの症状が出たり、少しでも違和感を感じるようであれば、速やかに医師に相談するようにしましょう。

AGAの治療で使われる薬が止められないのは本当?

育毛剤を使う男性

AGAの治療の為に用いられるのが、プロペシアやミノキシジルです。これらを使用する上で覚えておきたいのが、途中で使用を止められないという事です。ヘアサイクルの乱れが治ったら止めても良いのでは?毛髪が増えたら止めてもいいのでは?と考える方もいます。しかし実際のところ、薬を止めればAGAは進行していく事になります。AGAの治療を行うと、プロペシアが毛根を支え、ミノキシジルが発毛を促進する事になります。そこからまず、プロペシアを奪うとどうなるでしょうか?当然、毛根を支える力が無くなってしまい、せっかく生えた毛髪が抜けやすい状況になってしまうのです。

 

続いて、ミノキシジルを奪うとどうなるのでしょうか?ヘアサイクルは、ミノキシジルの働きによって発毛を行っています。その為、本来のヘアサイクルで抜けてしまった毛髪に対しては、発毛を促す事はできないのです。つまり、どちらの薬を止めたとしても、治療前の状態に逆戻りしてしまうと言えるでしょう。

 

こうした事から、AGAの治療を行う場合、薬は止められないという事を覚えておく必要があるのです。もう症状が改善したから大丈夫と使用を控えると、あっと言う間に抜け毛が大量発生する事になりかねません。また、症状が改善したら使用を控えられる薬も、現状では開発されていません。その為、現段階でAGAの治療を行うのであれば、薬は止められない、ずっと使用し続けなければならないと考えましょう。

 

ただこの点においてはクリニックや医者によって見識が異なります。症状が改善したら徐々に薬を減らして、最終的には薬を止める事も可能だと考えている医者もおられるようです。改善してきて天然成分の育毛剤に切り替えるなどもその一つの方法でしょう。実際にそういった治療方法で薄毛を克服されている患者さんもおられるようです。いずれにしても本人の改善状態等に影響されます。AGA治療をはじめたら死ぬまで薬を続けなければいけないかというと、必ずしもそうではありません。

薬以外の自毛植毛や増毛という方法について

自毛を撫でる男性

薬を継続して使う事が拒まれる、また他の病気のため薬の併用が出来ない、そういった方はAGA治療以外の方法を取ることも可能です。例えば分かりやすい方法としては「かつら」や「増毛」です。これであれば薬を必要としませんので副作用等の何等かの薬による弊害を被る危険性がなくなります。また、自毛植毛という手段も最近では広く選ばれるようになってきています。外科手術になるため高い費用が発生してしまいますが、その後治療に通う必要や増毛のような日々のメンテナンスも不要となり、トータルコストとしては決して高くないと判断する人も多いようです。

 

自毛植毛に関しては日本だけでなく韓国やアメリカなど他国でも広く普及しています。皮膚科学会でも自毛植毛は安全な部類に入れられており、芸能人や有名人、有名スポーツ選手などがこぞって自毛植毛を受けている時代です。AGA治療同様に自毛植毛により後悔している人もおられるでしょうが、近年は技術力の向上により失敗率なども低く、移植した髪の毛が半永久的に育ち続ける状態が実現可能となっています。

 

増毛に関してもアートネイチャーやアデランスといった老舗のサロンに限らず、最近では美容室なども独自の増毛商品を提供している例も増えています。また、増毛サロンが大型ショッピングセンター等にブースを構えて増毛商品を提供しているケースも増えています。女性に愛用者が多いイメージですが、増毛は男性特に若い男性(20代〜30代)にも愛用者が増えていると言われています。ただ被るだけでなく、自毛に編み込む増毛が近年のトレンドとなっています。

 

人は見かけでは無いとは言え、見かけが大きく評価に影響するのは誰しもが承知の事です。見かけが変わると心も変わると言われます。自毛植毛しかり増毛しかり、いずれの方法にしても自分の外見を変えるだけでなく、中身も変える手段として考えると良いでしょう。AGA治療で薬を使いたくない人に限らず、最近では最初から自毛植毛や増毛を選ぶ人も増えています。敷居が高いと感じており、まずは手頃な育毛剤から始めてみよう。この考えもありだと思います。

 

しかし、既にAGAの進行が激しく治療が必要だと感じている段階ではセルフ育毛では限界があります。医薬部外品の育毛剤だけで完治させようというのは、正直無理があるのではないかというのが私の実体験に基づく持論です。生え際の後退を戻したい、頭頂部の薄毛を隠したい、分け目を増やしたい、こういったニーズには必ずしもAGA治療が最適とは限りません。ご自身の状態、ニーズに応じて最も最適だと思われる方法を選び対策される事が肝要です。

AGA・薄毛の補足記事

以下はAGAや薄毛に対する補足的な記事となります。

10〜20歳代の極めて若い男性に対しての最善といえる薄毛対策とは…

事実頭の髪の毛を将来健やかに若々しく保ち続けたい、及び抜け毛・薄毛をストップする対策があれば知ってみたい、と意識しているという人もかなり多いかとお察しします。実際指先をたててシャンプーをしたり、また洗浄力が効きすぎるシャンプーを使い続けるのは、地肌の表面が損傷し、髪の毛がハゲてしまうといったことがよく起こります。傷を与えられた頭皮自らより一層はげになるのを進行させることになってしまいます。

 

一日当たり繰り返し必要以上といえる頻度の髪を洗ったり、また地肌を傷めてしまうくらいまで引っかいて洗髪をするのは、抜け毛の数量が増える要因になります。実際に遺伝とは関係することなく、男性ホルモンが普通以上に分泌が起きたりなどの体の内のホルモンバランス自体の変化が関係して、ハゲになってしまうケースも多々あります。10〜20歳代の極めて若い男性に対しての最善といえる薄毛対策とは、例えば何が考えられるでしょう?

 

普通の解答といえますが、育毛剤を取り入れた薄毛ケアの手段が、ピカイチに良いとされています。美容・皮膚科系クリニックの医療機関で、AGA治療を専門としているといったような場合、育毛メソセラピー(育毛療法)、他独自の処置の手段で、AGA治療に努力しているといういろいろな機関が存在します。実際頭髪を歳を重ねても若々しく綺麗に維持し続けたい、かつ抜け毛・薄毛を防止することができる手立てがあるようならば聞きたい、と意識しているという人もいっぱい存在しているのではと思っています。

 

実はプロペシア(ホルモンの働きを抑制し抜け毛を防止する薬剤)は、AGA(エージーエー)以外の抜け毛には治療改善効果が生じませんので、従って未成年者や女性の方は、大変残念ですがプロペシア錠剤を出してもらうことはできないのです。販売されている育毛シャンプーの働きとは、元々のシャンプー本来の趣旨とされている、毛髪全体の汚れをキレイに洗い流し清潔な状態にする役目の他にさらに、発毛及び育毛に効果的な働きを生む成分配合のシャンプー剤です。

 

一般的に抜け毛になる理由は個人個人相違しているものです。よって自分自身に当てはまる原因を調べて、髪の毛を本来の健康な状態へよみがえらせて、とにかく抜け毛がおきないようにする対応策をとりましょう。一日において何遍も必要以上といえるシャンプー数、及び地肌自体を傷つけてしまうぐらいに力を込め引っかくように洗髪をするのは、抜け毛を増やす要因になります。普通薄毛の症状であれは、完全に髪の数量がゼロに近づいたような場合よりは、髪の根元部分の毛根がいくらか生きている事が言え、発毛&育毛への効力も望めるはずです。

 

実際頭の皮膚の汚れは、毛穴を覆ってしまいますし、頭の皮膚及び髪を綺麗にしていない場合は、ウィルスの住処を不本意に己から用意しているといえるでしょう。これについては抜け毛を増加させる原因のひとつであります。もし頭の薄毛が範囲を増していて至急対応しなければいけないという場合、またコンプレックスを感じているというケースは、とにかく安心してお任せできるちゃんとした専門病院で適切な薄毛治療を受けるのが最も良いです。実際外来は、皮膚科になりますけど、ですが病院だとしても薄毛の治療に関して実績がないところは、最低限プロペシアの飲み薬1種類だけの処方箋を出すだけで終わるといったところも、数多くございます。

一般的にどの育毛シャンプーでも言える事

ある程度ぐらいの抜け毛に関しては、過剰なまでに悩んでしまうことはございません。抜け毛が抜け落ちることを非常に気を回しすぎても、結果的にストレスになるでしょう。日傘を差すということも、もちろん大事な抜け毛対策の方法として欠かすことができません。ですから是が非でもUV加工付きの種類のものを購入するように。外に出る時のキャップやハットもしくは日傘は、抜け毛の対策をするにあたって必要アイテムです。

 

平均的に日本人の場合生え際エリアが徐々に薄くなるよりも先に、頭の天辺エリアが第一にはげがちでありますが、白人の場合はおでこの生え際及びこめかみ箇所が後ろにさがって、その後きれこみが深くなっていく傾向にあります。薄毛や抜け毛におけるコンプレックスを抱えているといった人が多数存在している昨今でありますが、世間のそんな実情を受けて、近頃薄毛と抜け毛治療を取り扱う育毛の専門機関が各地にてオープンしております。

 

10代でしたら代謝機能が最も活発な時のために、大部分の人は治癒しますが、やはり60を過ぎると決して避けられない老化現象のひとつとされるように、各世代で対ハゲの特質と措置・お手入れは大分違います。日々の生活で長時間、頭にキャップやハットをかぶっているような場合、育毛に悪い働きを及ぼしかねません。頭部の皮膚をダイレクトに長い時間押さえ続けたたままだと、一つ一つの毛根に十分な血流が行き渡ることを、ストップさせてしまうからです。

 

汗をかきやすい方や、皮脂分泌が多い方は、当たり前ですが日々シャンプーすることによって髪の毛や頭皮を衛生的に保ち、不要な皮脂がさらなるハゲを生じさせないように注意していくことが重要といえます。まだまだ薄毛がそれほどまで進んでおらず、長い年月で育毛をしていきたいと思っている場合は、プロペシアだったり、ミノキシジル錠などという内服するタイプの治療のケースでも影響はないでしょう。育毛シャンプーに関しては、地肌の汚れを洗い落とす事で、含まれている効果的な育毛成分の吸収加減を著しくするがある為薄毛治療&髪のケアについて、大切な仕事を担っていると断言できます。

 

ストレス解消は、なかなかに難しいものですが、なるべくストレスが蓄積することのない余裕を持った生活を過ごすことが、ハゲの進行を防止するために大切といわれています。一般的にどの育毛シャンプーでも、髪の生え変わりをみせるヘアサイクルを頭に入れ、ある程度の期間帯ずっと毎日使っていくうちに効き目が実感できるでしょう。決して焦らないように、とにかく1〜2ヶ月位は使ってみましょう。

 

はげておられる人の地肌は、外的なものからの刺激を防御する力が弱まっておりますから、基本、ダメージがあまり生じない低刺激なシャンプーを使い続けないと、ますますハゲになっていくことになるでしょう。実のところ育毛についてはツボを指圧するといったことも、有効的な方法の1つとしてあげることが出来ます。百会(ひゃくえ)、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)の三箇所のツボを日常的に刺激を与えることにより血行が高まり、頭髪の薄毛、抜毛の防止に有効であるようです。

 

男性のはげについては、『AGA』(エー・ジー・エー)また若ハゲ、または円形脱毛症など多くのタイプがありまして、詳細に説明するならば、皆さんそれぞれのタイプで、理由も人それぞれによって違っております。皮膚科だとしても内科だとしても、AGAに関する専門治療を行っている所と行っていない所があるようです。AGA(androgenetic alopeciaの略)をどうしても治療・改善したいようであったら、ぜひ頼りになる専門の医療施設に頼ると良いでしょう。